ジオン公国

地球連邦軍には主人公のアムロ・レイが所属しています。ジオン公国は地球連邦軍に敵対する勢力です。ジオン公国は地球からは最も遠い月の裏側に位置するサイド3に本拠を置くスペースコロニー国家です。首都はズム・シティ。「ジオニズム」を国の政治的な基本としていますが、ザビ家的解釈によるジオニズムは「人の革新」はつまり「選民」としています。形式的にはジオン公国の国家元首は公王のデギンで、ダルシア首相が政府の首班になっています。しかし、実質的には公王の子息のギレン・ザビが総帥として国政の実権を掌握しています。

ジオン公国の総人口は1億5000万、100億を超える地球圏の総人口の大半が連邦に帰属する中では(月面都市群やサイド6等の中立地域の存在を考慮しても)圧倒的に不利な状況になっているので、国力も「地球連邦の30分の1以下」とされています。

ジオン公国には優秀な将兵や優れた軍事技術を保有していて、特にミノフスキー物理学時代の申し子であるモビルスーツを連邦に先駆けて実用化したことによって、公国軍は極めて精強で一時は地球連邦を圧倒する活躍を見せます。

主な産業は製造業で地球連邦向けの輸出で経済が潤う一方で、資源は不足しているので資源開発に多大な投資を行ってきました。宇宙世紀0034年には資源枯渇による急激なインフレが発生して、翌0035年には通貨危機が発生しました。0042年には工業生産力がピーク時から4割低下したことによって、混乱した国民が強い指導者を求めた結果ザビ家の専制政治を許す結果となりました。その後、奇跡的に経済は持ち直しますがジオン公国の国民の資源枯渇に対する恐怖は、資源を多く持つ地球との対決へと国を導いていくのでした。

一年戦争開戦前のジオン公国

宇宙世紀0050年代、宇宙移民者(スペースノイド)たちの間に、被抑圧者階級としての自覚が高まってきていました。新たなフロンティア開拓という名前のもとで、人々(=労働者)は宇宙で暮らし始めましたが、“地球環境保全のため人類の生活圏を宇宙にシフトさせる”という理念は結果的に破られます。第1期移民が完了した時点で、移民はストップしてしまいました。地球連邦の利権に群る政治家・官僚や富裕層は、宇宙より生活環境の安定している地球に居残り続けたからです。この地球に居残り続けたことは、先に地球に別れを告て移民した者たち=スペースノイドにとっては、まさに「裏切り行為」にほかならないものでした。さらに連邦政府は各コロニー・サイドを「植民地」扱いして、コロニー公社などの特殊法人を通じてありとあらゆる重税を課すことを行い、の多くの搾取を行うようになりました。

このような状況の中で、地球を自然のままそっとしておくべきとする「地球聖地論(エレズム)」と、宇宙生活で独特の視野を得た宇宙生活者の自治権確立をうたう「コントリズム」を融合した思想(後の「ジオニズム」)を唱えて、ジオン・ズム・ダイクンがサイド3で政治活動を始めます。やがてその政治活動はサイド3全域に広がっていき、宇宙世紀0058年に単独での自給自足が可能となった時点でジオン共和国の成立が宣言されて、同時にジオン国防隊(国軍の前身)を設立させることになりました。ダイクンは連邦政府との自治権をめぐる問題に関して、武力による実力行使ではなく、平和的に対話で解決しようとしていたと言われていますが、その実態は不明です。宇宙世紀0059年、地球連邦政府はジオン共和国に経済制裁を実施したことで、地球連邦政府とジオン共和国の対立はますます深まっていきました。

宇宙世紀0068年、ジオン・ダイクンが死去します。ダイクンの実子キャスバル・レム・ダイクンは父がザビ一派に暗殺されたと主張しますが、それはあくまでジンバ・ラル(ジオン・ダイクンの側近)の受け売りだったので、真実のところは不明です。ダイクンの死後に、ジオン共和国は彼の側近、デギン・ソド・ザビが引き継ぐことになりました。デギンはそれまでのダイクンのやり方を一変させて、連邦との実力行使も辞さない独立を目指すべくダイクン派を一掃して、ザビ家による独裁体制を敷き、ついに共和制から君主制に移行してデキン・ソド・ザビ自ら「公王」に即位しました。

ジンバ・ラルは幼いシャアとアルティシア(セイラ・マス)を連れて地球へ脱出しました。デギンは革命の英雄ジオン・ズム・ダイクンの思想を継いだ正統な後継者ということを対外的に宣伝するために、国号自体は変えずにジオン公国としました。デギンの長男ギレン・ザビはダイクンの思想を先鋭化させることで、地球連邦政府に対する開戦準備を着々と進めていくことになります。

さらに、デギンはダイクンの正当な後継者ということを周囲に印象付けるために、首都の名前を、ダイクンのミドルネームから取ってズム・シティとしました。

ガンダムマニアよ集まれ

ジオンとは?

公国につけられた「ジオン」の国号について、映画『機動戦士ガンダム3 めぐりあい宇宙』でのシャア・アズナブルのセリフによると、ザビ家によるジオン暗殺の嫌疑をそらすためにデギン・ザビが「ジオンの名を使った」とされていて、「ジオン共和国」は公王の死と公国敗戦による制度移行の結果生じたものです。よって、デギンが実権を握る前、国号として「ジオン」は存在していないので、1984年発行の『講談社ポケット百科シリーズ・機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション(1)ザク編』)によると、宇宙世紀0058年にジオン=ズム=ダイクンの宣言により樹立した「サイド3共和国」が「ジオン公国」の前身とされている。

また、公国制を採る前の僅かな時期について「ジオン共和国」という記述がありますが、具体的にいつその名に移行したのかは明言しない表現になっています。設定が新たに創作され、『めぐりあい宇宙』や『MSV(1)』等とやや矛盾する形で競合することとなった。本節先述の「ジオン共和国の成立が宣言され」及び「国号自体は変えずにジオン公国とした」はこれに基づくものである。安彦良和の漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、公国建国前のジオン・ダイクン死亡時の国号が「ムンゾ自治共和国」とされています。

一年戦争開戦~敗戦まで 

宇宙世紀0079年1月3日、ジオン公国は地球連邦政府に対して、完全な独立を求めて宣戦布告します。これから後に「一年戦争」と呼ばれることになるこの戦いの初期に、ジオン公国軍はザクIIなどのモビルスーツを中心とした戦力や「コロニー落とし」の戦術でモビルスーツを持たない連邦軍を圧倒していきます。サイド1・サイド2・サイド4・サイド5の各スペースコロニーを壊滅させて、本来は同胞であるはずのコロニー住民たちを、武装・非武装問わず虐殺しています。一説によると、地球圏の総人口の半数を死滅させたとも言われほどです。

これほど大規模な虐殺を行ったのは、宇宙世紀の世界観では前にも後にもジオン公国だけです。またコロニー落下の影響によって、地球環境は甚大なダメージを受けます。核兵器の使用禁止などを盛り込んだ南極条約の締結後は、戦線は膠着しますがすみやかに地球に侵攻して、鉱物資源の確保等など戦争の長期化に備えています。

連邦軍もV作戦を発動して独自にモビルスーツを開発します。同時に宇宙艦艇の再建もあって、連邦軍は戦力を増強したことによって、だんだん戦線を後退させられてしまい、最終的にはジオン本土に対する最終防衛ラインのソロモンとア・バオア・クーを陥落させられました。また、ザビ家一族も不和・内紛から乳飲み子に過ぎないドズル・ザビの娘ミネバ・ラオ・ザビ一人を残して全員が死亡してしまいました。議会によって共和国に衣替えしたジオン共和国は、宇宙世紀0079年12月31日18:00に、サイド6を通じて連邦政府に休戦を申し入れます。連邦政府はこの休戦の申し出を即座に受諾。宇宙世紀0080年1月1日、月のグラナダにて地球連邦政府と終戦協定を結び、同年2月18日終戦条約(グラナダ条約)を締結しました。

一年戦争終戦後

ジオン共和国の投降勧告に従わなかったジオン公国軍残存勢力は、地上ではアフリカ、宇宙では暗礁宙域やアクシズなどの小惑星群などへ撤退します。そして再起へ向けて地下勢力化していきます。宇宙世紀0083年にこうした勢力の一つ、デラーズ・フリートが反乱を起こすことで、ジオン残党の存在をアピールしました。

アクシズでは、ジオン公王家が保護されていました。侵攻してきた連邦軍を撃退して独立を守ったことから、アクシズ政府内部では、自身を「ジオン公国」と捉える意識が強くなっています。ジオン共和国についても、事実上連邦の植民地とみなしていて、ジオンが降伏したという意識も薄いものもいました。

一年戦争後からサイド3で存続していたジオン共和国は、グリプス戦役(『機動戦士Ζガンダム』の作中)においてティターンズに協力させられていましたが、第一次ネオ・ジオン抗争(『機動戦士ガンダムΖΖ』の作中)ではネオ・ジオン(アクシズ)に吸収されてしまいます。そして、それまで形式的な自治を認められていましたが、宇宙世紀0093年の第二次ネオ・ジオン抗争を経て、0100年に自治権を放棄して、正式に地球連邦政府の傘下となりました。(『機動戦士ガンダムUC』で0096年の段階でジオン共和国の自治権返上が決定)

戦いは数だ!